竹田観光

まずは、駅前に行ってみることにしました。普通、田舎の駅は送迎用で20~30分駐車無料です。駅前駐車場に到着してみると管理小屋があって、係員のお姉さんが居ます。窓開けて「短い時間だったら無料ですか?」と聞いてみるとそうだと云います。「停めてここへ来てください」だって。

それでお姉さんのところへ行くと、DEMIOのナンバーを書いた紙きれくれました。「どのくらい停めるつもりですか」なんて聞かれたので、「10分ぐらい」と応えました。

残念だったことに、駅舎は改装中。駅前にあった、竹田市街地の観光マップをざっと見て、岡城址と湧水群を見て行きましょう。
2018drv (240)

ここ豊後竹田駅は、駐車場からホームが見えます。1両のディーゼル車大分行きが発車待ち。ここ豊後竹田駅は豊肥本線の主要駅。豊肥本線は豊後(大分)と肥後(熊本)を結ぶJR幹線で、阿蘇外輪山の中を走ることから、阿蘇高原線という愛称が付いてます。
2018drv (241)

結局駅前駐車場には10分も停めてませんでしたね。小屋のお姉さんに紙切れ返してDEMIOを出庫。

まずは、岡城址に行ってみましょう。
2018drv (242)

ここが岡城址。駐車場から石垣が良く見えます。これが、「荒城の月」の荒城ですか!
2018drv (244)

小学校の音楽の時間で「荒城の月」を習ったときのことを思い出しました。音楽の先生は「滝廉太郎は故郷の石垣しか残ってない城跡を想い、この曲を作曲した」と教えてくれました。そのときのイメージとこの石垣の景観が一致。

次に向かったのは竹田湧水群。でもアホなマツコネナビにその場所はなく、Googleの助けを借りて到着。これ、竹田駅前にあった地図だけじゃ、絶対にたどり着けない!
2018drv (247)

冷たい水がコンコンを湧いてるところ。みなさん、ペットボトルを用意していて、湧水を持ち帰ってます。
2018drv (245)

それより気になったのは、隣のラーメン屋さん。こんなところと云っては失礼ですが、こんなところに行列の出来てるラーメン屋さんがあるとは、思わなかった。「こっとん」と云うラーメン屋さん。さっき鶏から食べたばっかりなので諦めましたけど、ここでラーメン食べてみたかった。

湧水は50か所ほどあるそうですが、そのうちのひとつ、泉水湧水に寄ってみます。
2018drv (252)

いやっ、冷たっ! すくって飲んでみると、かなり美味しく感じる湧水。ペットボトルを幾つも抱えた親子連れがやってきたので、泉水湧水をあとにしました。
2018drv (254)

ここ、竹田には唐揚げ食べにやってきたんですけど、一日観光できますね。今回は時間がないので、これ以上竹田観光はできません。残念です。

豊肥本線と並行する幹線道路、国道57号線まで戻ってきてました。
2018drv (255)

この先を左折して長湯温泉方面に向かいます。
関連記事

10:20 | '18.08九州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ラムネ温泉 | top | 竹田で鶏から

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2414-75724708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)