阿蘇中岳火口

これが阿蘇の草千里。一生に一度は来てみたいと思ってました。
2018drv (435)

確か小学校4年頃でしたが、国語の教科書に九州の紀行文が載ってました。阿蘇から天草への旅を綴ったもので、その紀行文のなかの草千里は、当時の僕の憧れでした。それをこの歳になって初めて目にしてます。感動もんですね。
2018drv (439)

その向こうには阿蘇の火口が口をあけて、噴煙をあげてます。凄いですね、ダイナミックです。雲みたいに見えますけど、火口からモクモク立ち昇るのは、噴煙ですね。
2018drv (437)

それでは、その阿蘇の火口を観に行きましょう。
2018drv (442)

火口へは、昔ロープウェイがあったようですけど、今ではこの有料道路のみ。やはりここもライダー多いですね。
2018drv (444)

思ったほどの急坂ではありませんが、草原地帯を登っていきます。並行して遊歩道もありました。
2018drv (445)

この有料道路の終点は、普通車が100台以上停められる駐車場があって、その脇にはこんな警報装置がありました。
2018drv (449)

火口に向かって歩いていくと、いたる所で補修工事が施されてます。しょっちゅう噴火や地震があるんでしょう。万が一火山活動が活発になったとき、観光客が避難できる施設が幾つもありますね。
2018drv (450)

暑いなか、火口の脇で硫黄を売ってるお店が2件、というかオジサンがふたり。こんなところで硫黄を買う観光客って居るんでしょうか?
2018drv (457)

これが旧火口かな? まるで月面のクレーター。
2018drv (459)

これが今活動してる阿蘇中岳火口。噴煙が風で流されて、ちらっと火口湖が見えました。緑色がかった乳白色の熱湯じゃないでしょうか。
2018drv (460)

こっちも旧火口ですね。
2018drv (461)

溶岩流が冷えて固まった台地だと思います。
2018drv (462)

駐車場脇に建つ、今では使われてない施設。多分、火山活動が今より安定していた頃は、レストハウスだったんだと思います。
2018drv (447)

廃止になったロープウェイの支柱跡が幾つか残ってます。
2018drv (470)

阿蘇の火口を家内とゆっくり廻って20分ぐらい、時間は12時50分を回りました。そろそろ阿蘇を降りてお昼ご飯食べましょうか。
2018drv (474)

この辺りのレストハウスも営業休止中。復活はあるんでしょうか?
2018drv (475)

名残惜しいですけど、阿蘇山を降ります。
2018drv (476)

この先は、阿蘇の南側に降りて、お昼ご飯食べてから天草経由で、今日の宿島原へ向かいます。
関連記事

08:49 | '18.08九州 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
味千ラーメン! | top | 阿蘇神社

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2422-56b643df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)