菅平から志賀高原

上田菅平で上信越道を降りたら国道144号線で北へ向かいます。のどかな上田の郊外を走って、徐々に標高が上がってきましたね。国道沿いにはやたらと「真田幸村の故郷」みたいな看板が立ってます。

「真田幸村って名前聞いたことあるけど、何した人だっけ?」と家内に聞いても知らないと云います。帰って調べてみると、大坂夏の陣で戦死した戦国後期の有名な武将だそうで、大河ドラマのモデルにもなったそうです。知らなかった。

この道は「菅平口」という交差点で二手に分かれます。左へ行くと菅平方面、右は鳥居峠を越えて吾妻川源流域です。万座行くには右が近いんですけど、今日は菅平を越えて志賀高原から万座入りの予定。

幾つかあった登板車線を活用して遅い軽自動車を何台か抜き去り、菅平湖という湖を過ぎると菅平の集落に入ります。ここは冬のスキーだけでなく、夏は全国からラガーマンが集まるところ。僕は一度だけスキーで来たことがあります。もう30年ほど前のことですけど。

それ以降は志賀高原への近道で通るだけ。昔話で恐縮ですが、その頃関越道は練馬から前橋までしかありません。当然上信越道も。関越は高崎で降りて、中山道を走って碓氷バイパス。軽井沢の先からは広域農道。たしか有料道路が1本あって、それから菅平。いちど山を降りてから、湯田中から志賀高原に入ったものでした。

上信越道を降りて約30分、菅平の中心の交差点までやってきました。ここを右折すると、信州中野までの長い下り坂となります。
IMG_3598_20190619233003a0a.jpg

ほとんどアクセルは踏まず、ギアをマニュアルモードにして2速・3速を多用して、坂道を駆け下ります。山を降りてきて、須坂の街中を走ってると、眠くなってきましたね。そこで無理せずファミマで休憩です。煙草とトイレ。
IMG_3600_20190619233004a9c.jpg

それから周りを山に囲まれた信州っぽい道を暫く走って、小布施から信州中野。
IMG_3601_201906192330053ee.jpg

道はいつしか国道292号線となり、湯田中の街を見降ろしながら、標高が上がっていきます。そうだ、この先に道の駅があったっけ。そこ寄っていきましょう。

8時30分、その道の駅、北信州やまのうちに到着。上田からは何だかんだで1時間半掛かりました。するとちょうど野菜直売所がオープンする時間。近所の方々が軽自動車で集まってきてました。
IMG_3602_20190619233007796.jpg

僕と家内も野菜直売所へ直行。新鮮な野菜を見せてもらって、レタスとかアスパラなどを購入。けっこう買いましたね。

それから国道292号線に戻って、志賀高原の走りのはじまり。いや、懐かしいですね。ここ走るの何年ぶりでしょうか?昔と違って長野オリンピック以降は道が整備され、あっという間にサンバレーの前を通過。

丸池到着は9時15分。清々しいですね、静かで爽やかな丸池です。
IMG_3608_201906192330099ad.jpg

志賀高原に何度もスキーにやってきて、丸池でもたくさん滑りましたけど、その丸池をちゃんと見たのって初めてかもしれません。
IMG_3611_201906192330106c1.jpg

丸池からは、ちょっと国道を離れて、一ノ瀬・焼額方面へ行ってみました。ジャイアントの下をトンネルで越えて丸池から5分ほどで高天ヶ原マンモススキー場です。
IMG_3612_2019061923301165d.jpg

そのゲレンデの正面のホテル。初めて志賀高原にスキーでやってきたとき、泊まりました。それから娘が1歳になってすぐ、家内と3人でここに泊ったっけ。
IMG_3615_2019061923301341f.jpg

リフト乗り場のすぐ脇は、雪解け水のためか湿原のようになってて、水芭蕉がたくさん咲いてました。
IMG_3616_20190620230847a9b.jpg

夏の志賀高原って、やはりいいですね。
関連記事

23:19 | '19.06万座 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
志賀草津道路 | top | 湯の丸で朝ごはん

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/2510-9364e8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)