しらびそ峠へ行く (富士の裾野をぬけて中央道)

大型連休前半の4月最後の日、あまりにも天気がいいので会社を休んで、走りに出かけました。行先は、去年R152を走ったとき、行けなかった「しらびそ」です。

時刻は3時半、真っ暗です。暖気運転中にいつものようにタイヤをチェックしてから走り出します。三日月を見ながら三浦半島を横断し、逗子から箱根口まで海岸沿いを走ります。去年の台風で被災してから半年ほど、対面通行だった西湘BPの復旧工事が完了してました。家から1時間で箱根湯本を通過です。やっと空は、黒から濃紺になってきました。
IMG_6084.jpg

箱根の登坂に入って前後とも走ってる車はいません。対向車もまれにしかきません。ギアを5速に入れたままどこまで登れるか試してみました。図太いトルク感を味わいながら箱根路を登っていきます。大平台のヘアピンも余裕で通りぬけます。宮の下から先の箱根裏街道も順調です。結局、頂上の乙女トンネルまで、ギアを落とさずに走ることができました。

IMG_6085.jpgトンネルを抜けて静岡県側へでると、富士山がお出迎えです。夜明け前の富士山は澄んだ空気のなか、足元を靄に覆われてとりわけ神々しく見えます。御殿場市街へ坂道を下っていくと、その靄の中に入っていきました。

R138とr246との交差点にある吉野家で朝ご飯です。焼魚定食に玉子つき、ご飯は大盛りです。しめて480円。最近、朝は豚丼や牛丼より定食が好みです。
IMG_6086.jpg


IMG_6088.jpg満腹になったので、先を急ぎます。R138を登っていきますが、道はすいているので須走からの有料道路には入りません。籠坂峠を越えて山中湖畔に出ました。すると、靄に隠れてた富士山が突然現れました。

IMG_6090.jpg山中湖畔を過ぎたころがこの日一番寒かった時間です。表示板によると「3℃」でした。富士急ハイランドの脇を通り抜け、樹海のなかの道を行きます。そして、ここ精進湖で右折します。湖の向こう側は朝靄が地面を覆ってます。行ってみると、靄の中は真っ白でした。

朝靄は、上九一色に通じるトンネルを越えると消えており、快晴に戻りました。そして、もう1本長いトンネルを抜けて、甲府盆地に降りていきます。盆地の淵に中央道の甲府南ICはあります。ここから中央道を走ります。
IMG_6091.jpg

中央道にのって最初の施設、双葉SAに入り休憩です。時間は丁度7時。朝日のあたるベンチに座り暖をとります。富士山麓の早朝は寒かった。そこから先、道は空いてますが路面が良くありません。バイクで走ると特にそう感じます。早く補修してほしいと思うのは、僕だけではないと思います。

中央道は諏訪ICでおります。通勤割引の800円。これから山道に入るのでスタンドを探しましたがセルフがありません。普通のスタンドで9リッター入れてもらいました。(@132円)

そしてここからR152です。南アルプスの山の中へ入っていきます。 ・・・・続く
関連記事

19:36 | '08.05しらびそ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
しらびそ峠へ行く(杖突峠から分杭峠へ) | top | バッテリー交換(2008年 4月)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/47-526e2054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)