しらびそ峠へ行く(天空の園)

IMG_6108.jpg分杭峠から南へ坂道をくだると、すぐに小さな谷に沿って走ることになります。真南へ一直線に続く断層の谷です。そしてその谷は次第に広がっていきます。同様に谷の中心を流れる小川は、いくつもの沢からの流れを吸収し、しだいに大きな川へと成長していきます。大鹿村役場を過ぎると、いつのまにか川の流れる方向が変わりR152は上流に向かってました。

暫く広い谷を進みますが、南アルプスの山々を望む橋を渡ると再び谷は狭くなっていきます。残念ながら、今回も中央構造線博物館には気付かず素通りしてしまいました。それからR152は川原を走るような道になり、川幅がなくなったところから突然山道に変わり、そのつづら折の坂道を登っていくと、R152は突然終わってました。

地蔵峠です。R152はここから数キロの区間、未開通です。道はここから蛇洞林道となります。そしてここは、しらびそ峠への入口でもあります。
IMG_6109.jpg

樹木に覆われた舗装林道を登っていくと、時折木と木の間から飯田方面の新緑の山が見えます。そして、「しらびそ峠左折 R152方面右折」と表示のある分岐点に到着しました。昨年ここを通ったとき、しらびそ峠へ行こうかどうか迷ったものです。今日は迷わずしらびそ峠を目指します。

坂道の勾配はさらにきつくなり、標高もどんどん上がっていきます。しばらくいくと、前方のかなり標高の高いところに赤い屋根の建物が見えてきました。しらびそ高原にあるホテルハイランドしらびそです。そしてその十数分後、突然「しらびそ峠」が目の前に現われました。

IMG_6110.jpg山頂に残雪を頂く南アルプスの山々が突然目に飛び込んできました。南アルプスの懐の深さをひしひしと感じる眺めです。
しらびそ峠は、ハイランドしらびそへ向かう登坂が尾根に出たところにあり、尾根の反対側へくだる通行禁止の林道との分岐点でした。

そして、しらびそ峠からすぐのところにハイランドしらびそがあります。360度絶景が見渡せる天空の園に、その建物はあります。
IMG_6117.jpg


IMG_6114.jpg建物の脇にバイクを停めて、残雪をよけながら南アルプスを見渡せる高台へ行きました。
まるで、南アルプスを空中からみているような、雄大な景色が広がります。しばらくベンチに座り、南アルプスの山並みを眺めてました。

時間は丁度11時。ハイランドしらびそのレストランでラーメンを戴きます。700円。味はけしてまずくはありませんが、まあ、こんなもんでしょう。食べながら見渡せる山並みが、いい薬味です。
IMG_6120.jpg


そしてここには、展望風呂があります。500円。食後、早速入りました。貸切でした。ここは最高です。熱い湯船のなかから、先ほどみた山並みと同じものが見渡せます。ただ、ゴロッと横になれる休憩施設が無いことだけが残念でした。
IMG_6122.jpg

そして12時半、ハイランドしらびそをあとにします。登ってきた道と別の道があるとのこと。しかも、隕石が落ちたところを通る道だというので、早速いってみます。しばらく山並みを見ながら坂をくだっていくと、ありました。そこに設置してあった案内板と、隕石でできたといわれるクレーターです。
IMG_6123.jpgIMG_6124.jpg


これからしらびそ高原をおりますが、今度は家族を連れて車できたいところです。 ・・・・続く
関連記事

16:52 | '08.05しらびそ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
しらびそ峠へ行く(兵越峠・山住峠から帰路へ) | top | しらびそ峠へ行く(杖突峠から分杭峠へ)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/49-12e07f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)