本栖湖

見晴らしのいい朝霧高原が終わると国道139号線は、深い雑木林の中に入っていきます。富士山麓に広がる青木が原樹海です。ここは昔、自殺の名所だったとか。暫く走ると道は下り坂になり、樹海を見渡す橋の上。左手にはこれから目指す本栖湖の蒼い湖面が光ってます。

次の信号を左折すると本栖湖畔はすぐ。土産物屋が並びたくさんの観光客が富士と湖、そして紅葉を楽しんでます。そこは素通りして西へ向かう湖畔をいく国道300号線、本栖みちを走ります。するとハイカーの多さに驚かされました。

本栖湖畔を走って5分ほど、湖の西岸の展望台に到着。赤や黄色に色づいた木々と蒼い空。
IMG_7762.jpg

それを映した鮮やかな湖面。その湖面の向こうには、雄大な富士の山。小さな駐車場とベンチしかない展望台。賑やかな湖畔の観光地より、僕はここの方が好きです。
IMG_7763.jpg

五千円札と同じ富士山を堪能したら、本栖みちを引き返します。
IMG_7769.jpg

賑やかな湖畔の街路樹は、今が紅葉の最盛期。ハイカーが多いのも頷けます。
IMG_7771.jpg

本栖湖は富士五湖のなかでは一番深い湖。そのためか、ネス湖のように怪獣が住んでるなんて噂もありました。それだけ神秘的な湖です。
関連記事

23:32 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
精進湖 | top | 朝霧高原

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/702-73bb02c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)