精進湖

本栖湖畔から再び国道139号線を北へ向かって走ります。早くも数分で精進湖畔へ向かう県道との分岐点。ここを左折します。その道はすぐに湖畔を走る道となり、湖の向こうに富士山がクッキリ見えました。風があるので湖面は波たち逆さ富士は見えませんが、風光明媚に変わりはありません。
IMG_7773.jpg

精進湖は富士五湖のなかでは最小の湖。それもダントツ小さい湖です。元々富士五湖とは富士山の噴火により、溶岩で川が堰き止められて出来た湖。昔、本栖湖・西湖・精進湖は一つの湖だったそうですが、後の噴火により溶岩で分断されて今の姿になりました。今でも地下で繋がっており、三つの湖の水位はいつでも同じだそうです。その湖を分断した溶岩の台地が、今の青木ヶ原樹海となってます。

湖畔の道は、途中で県道から国道358号線になります。方向的に甲府は左ですが、この国道との接続は立体交差。富士吉田方面は甲府からの国道を下を通り右へ行くため、分かりにくい表示となりました。立体交差といっても、大型バスがギリギリ通れるサイズ。甲府方面からきた救急車がけたたましいサイレンを鳴らして、国道を走っていきました。
IMG_7774.jpg

精進湖はホントに小さな湖。ここから見ると、まるで川のよう。
IMG_7775.jpg

国道に入ってすぐ、さっきの救急車が湖畔に停まってます。その脇のガードレールが5mほどにわたってもぎ取られおり、見物人が数人。多分、車がガードレールを突き破って湖にダイブしたのでしょう。(家へ帰ってネットで見たら、タンクローリーがカーブを曲がり切れず湖畔にダイブしたとのこと。運転手は軽傷だったそうです。火災にならず不幸中の幸いでした。)

ここ赤池から道は再び国道139号線。左折して次の湖、西湖に向かいます。
IMG_7776.jpg

赤池とは幻の池と云われており、水位の同じ本栖湖・精進湖・西湖が増水したときだけ出現する池。10年に1度ぐらいしか現れません。前回は出現は2004年11月だったそうです。
関連記事

23:21 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
西湖 | top | 本栖湖

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/703-697e5fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)