屋久島の森林鉄道

僕が屋久島に行ったのは1999年7月、会社の同僚と「縄文杉を見てみたい」などと話していたのが現実となりました。

朝、羽田発鹿児島行きのジェットで飛び立ち、鹿児島空港で飛行機を乗換え、YS11で屋久島空港に降り立ったときはまだ昼過ぎ。鹿児島までは晴れてましたが、ここ屋久島は小雨です。屋久島空港は、ローカル線の駅のようで、小さなロビーと1軒のレストランがあるだけ。そこには、同僚の父上が車を準備して待っていてくれました。

「屋久島にはひと月に35日雨が降る」と言われてるように、蒸し暑い雨が降ったり止んだり。その日は雨の中、屋久杉ランドなどを見て、宮之浦の郊外の民宿に逗留です。

翌日、夜明けとともに民宿を出発し縄文杉を目指します。海岸沿いは晴れてましたが、山の中へ入っていくと雨が降りだしました。昨日行った屋久杉ラントの手前を右に折れ、林道を行きます。林道の行き止まりには、森林鉄道の線路がありました。

雨はなんとか止み、僕たちはその軌道の上を歩き出しました。枕木の間隔が微妙でかなり歩きにくいところです。1時間ほど歩くと長い橋がありました。なかなかスリルがあります。
IMG_6084_20080708175205.jpg

この橋をわたったところが小杉谷という昔の集落の跡です。小学校もあったようですが、いまでは誰も住んでません。建物の基礎が、きれいな緑色の苔に覆われて、いくつか残ってるだけです。

そこからさらに1時間ほど歩くと、大木の切り株がありました。まさに大木です。その広さは部屋1つ分以上です。

事情があり、僕たちはそこから来た道を引き返しました。本当に、本当に残念です。

小杉谷の鉄橋を渡ってすこし行ったところで、エンジン音が聞こえてきました。そしてしばらくすると機関車が前からゆっくりやってきました。可愛い機関車でした。
IMG_6085_20080708175218.jpg

僕たちはもう1泊民宿に泊まり、その次の日の午前中、屋久島空港からYS11で飛び立ちました。

いつかはもういちど屋久島行って、今度こそは縄文杉を見てみたいと思います。
関連記事

18:50 | 電車系 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
熱海に泊まって青梅街道を走る | top | 中山道を中津川まで走る

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tako134.blog71.fc2.com/tb.php/81-c6ff9438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)