精進湖

本栖湖畔から再び国道139号線を北へ向かって走ります。早くも数分で精進湖畔へ向かう県道との分岐点。ここを左折します。その道はすぐに湖畔を走る道となり、湖の向こうに富士山がクッキリ見えました。風があるので湖面は波たち逆さ富士は見えませんが、風光明媚に変わりはありません。
IMG_7773.jpg

精進湖は富士五湖のなかでは最小の湖。それもダントツ小さい湖です。元々富士五湖とは富士山の噴火により、溶岩で川が堰き止められて出来た湖。昔、本栖湖・西湖・精進湖は一つの湖だったそうですが、後の噴火により溶岩で分断されて今の姿になりました。今でも地下で繋がっており、三つの湖の水位はいつでも同じだそうです。その湖を分断した溶岩の台地が、今の青木ヶ原樹海となってます。

湖畔の道は、途中で県道から国道358号線になります。方向的に甲府は左ですが、この国道との接続は立体交差。富士吉田方面は甲府からの国道を下を通り右へ行くため、分かりにくい表示となりました。立体交差といっても、大型バスがギリギリ通れるサイズ。甲府方面からきた救急車がけたたましいサイレンを鳴らして、国道を走っていきました。
IMG_7774.jpg

精進湖はホントに小さな湖。ここから見ると、まるで川のよう。
IMG_7775.jpg

国道に入ってすぐ、さっきの救急車が湖畔に停まってます。その脇のガードレールが5mほどにわたってもぎ取られおり、見物人が数人。多分、車がガードレールを突き破って湖にダイブしたのでしょう。(家へ帰ってネットで見たら、タンクローリーがカーブを曲がり切れず湖畔にダイブしたとのこと。運転手は軽傷だったそうです。火災にならず不幸中の幸いでした。)

ここ赤池から道は再び国道139号線。左折して次の湖、西湖に向かいます。
IMG_7776.jpg

赤池とは幻の池と云われており、水位の同じ本栖湖・精進湖・西湖が増水したときだけ出現する池。10年に1度ぐらいしか現れません。前回は出現は2004年11月だったそうです。
23:21 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

西湖

精進湖畔の赤池交差点から国道139号線を2kmほど東へ走って左折。県道21号線、通称湖北ビューラインを走ります。その交通量の全くない樹海の中を行く県道に入ると鮮やかな紅葉。
IMG_7778.jpg

樹海が終わって西湖の湖畔の集落に入るところ、鮮やかな萌黄色の大木が夕陽を浴びて光ってました。これで鈴なりの柿の木でもあれば、まるで寅さんのロケ地のよう。
IMG_7780.jpg

西湖の湖畔から望む霊峰富士。ここでの紅葉は、まだ始まったばかり。
IMG_7781.jpg

西湖畔の駐車場には、美しい紅葉の木があります。この紅葉、SC40とよくあいます。
IMG_7782.jpg

角度を変えてもう一枚。
IMG_7788.jpg

西湖の湖畔を走ってると、鮮やかな「赤色」に染まった紅葉の木がありました。「燃えるような紅葉」というのは、多分こういうのを云うんでしょう。
IMG_7789.jpg

15時30分、このまま湖北ビューラインを走り、次の湖河口湖へ向かいます。
21:25 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

河口湖

西湖の湖畔からトンネルを2つ越えると、本日4つ目の富士五湖、河口湖が見えてきました。
IMG_7791.jpg

湖畔の紅葉は見ごろにはちょっと早かったかも。河口湖北岸はリアス式のようにたくさんの入江がありますが、県道はトンネルを使ってほぼ東に向かって一直線。
IMG_7793.jpg

南を望むと湖面の向こうに富士の山。さっきはなかった、たなびく雲。
IMG_7794.jpg

もうすぐ、国道137号線と合流するところ、いきなり渋滞。原因は見事な紅葉です。紅葉の回廊なんて云うのもありますが、見ごろにはちょっと早い模様。多分来週末が見ごろでしょう。
IMG_7796.jpg

本日見たなかで、最も鮮やかかだったのがこの紅葉。みごとなオレンジ色に染まった紅葉の木。
IMG_7798.jpg

ここから国道137号線。右折して河口湖大橋へ向かいます。
IMG_7799.jpg

秋の日は釣瓶落とし。まだ16時前ですがみるみる黄昏てきました。気温も急速に低下してます。河口湖大橋を渡ったところに湖畔の公園があったのを思い出しました。これから、そこへ行こうと思います。
22:00 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大池公園

河口湖大橋を渡ったところの左側にある、ポプラの大木が数本聳えるその公園は大池公園と云います。その公園の駐車場にバイクを停めました。
IMG_7813.jpg

そこから富士を望むと雲で覆われてきてます。
IMG_7803.jpg

大池公園前のストリート。土産物屋やホテルなどが並びます。色づいた木々が秋の夕暮れ。
IMG_7802.jpg

小倉百人一首に「秋の夕暮れ」が下の句の歌がみっつありました。三夕(さんせき)と云います。

寂しさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮れ (寂蓮法師)
心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ (西行法師)
見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ(藤原定家)

そんなことを思い出しながら、秋の夕暮れの大池公園を落葉を踏みしめ、ゆっくり歩きます。

大池公園のシンボル、ポプラの大木。
IMG_7805.jpg

そして紅(くれない)に、見事に色づいたもみじ。
IMG_7809.jpg

河口湖大橋と紅葉の始まった富士外輪山、河口湖の蒼い湖面とSC40。ベビーカーをゆっくり押して歩く若い夫婦の落とす長い影がSC40に被ります。
IMG_7815.jpg

さっきと比べて、いくらか雲がとれてきた富士の峰。
IMG_7816.jpg

陽が射さなくなり、本当に寒くなってきました。山中湖畔の「紅富士の湯」でも入っていこうかと思いましたが、この寒さ。湯ざめは確実なので、今日温泉は諦めます。そうと決まったら、国道137号線ではなく東富士五湖道路を走って御殿場方面へ向かいます。
22:26 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東富士五湖道路

16時20分、富士急ハイランドの脇を通り、富士吉田ICから東富士五湖道路に入ります。再び富士山は大きな雲で覆われてしまいました。
IMG_7819.jpg

山中湖ICのところから、忍野方面を望むと、夕陽で赤く染まった富士外輪山。
IMG_7820.jpg

さっきと見る角度が変わったためか、ここからは富士頂上がはっきり見えます。
IMG_7821.jpg

寒いし、日も暮れてしまったので本日のツーリングは終わり。御殿場経由で帰途につきます。ルートは東名の混雑しだいで考えます。
22:36 | '10.11富士 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑